前へ
次へ

定期検診を受けて自分の歯を守りましょう

いくつになっても自分の歯で美味しく食事をするためには、若いうちから十分にケアをしておく必要があります。まず、基本は定期検診を受けることです。若いうちは忙しいこともあり、歯の痛みなどがなければ歯科医院を受診せずに、セルフケアのみで過ごしてしまう人が少なくありません。でも、セルフケアだけでは落としきれない歯垢があり、気が付くと歯石がたまってしまう可能性があります。歯垢や歯石は歯周病の原因と言われているため、定期的に歯科医院で除去してもらうことが大切です。定期検診を受ければ歯医者さんに虫歯の有無を診てもらえるだけではなく、歯周病になっていないか、お口に異常はないかなど、細かな点まで診てもらうことができます。さらに、歯石の除去もしてもらえるため、定期検診を受け続けることでお口をいつも清潔に保てるようになります。歯周病は自分の歯を失う原因の一つなので、歯を守りたいと考えているときはかかりつけの歯医者さんを見つけて、1か月から3か月に1度は定期検診を受けるように心がけましょう。

Page Top