前へ
次へ

歯科医院での治療と親知らずの抜歯

親知らずが正常に生えていれば、問題ないですが、斜めや横に生えていると、かみ合わせが悪く、食事がしにくいと感じる方もいます。安心感を持って食事を楽しむことができるように、歯科医院での治療をしっかりと考えていくことも大事なポイントです。抜歯が必要になる歯もあることをきちんと知っていることで、自分の歯の状態をチェックして、歯科医師に相談するきっかけを作れます。斜めに歯が生えていたり、横に生えていると、歯を圧迫してしまいますし、歯磨きがしにくく、歯周病になり、歯がぐらついてしまう場合があります。親知らずは奥にあるため、歯ブラシを使うブラッシングではなかなか届かない場合もあり、磨き残しが出てくることもあります。親知らずのトラブルが起こることのないように、歯科医院で定期検診を受けるなどして、親知らずもチェックしてもらい、必要であれば治療を進めることが必要です。抜歯の前に、レントゲン撮影をして、歯が折れていないかなど、いろんなデータを集めていくため、安心して抜歯ができる点にも注目です。

Page Top